Blink in the Desert   2021

Stop-motion animation 10min. 32sec.

Directed by      Shinobu Soejima 

Music by        Marty Hicks

​Sound Effect by  Hisako Nakaoka 

                              Nao Tawaratsumida

監督 アニメーション 脚本 副島しのぶ

音楽 マーティ・ヒックス 

​効果音 中岡尚子、俵積田菜央

"Malice comes up abruptly. As if it is blinking. Capricious like a flapping insect. One day a young hermit finds a winged insect and crushes it out of disgust. Meanwhile, the elephant sees the whole situation but says nothing. From that day on, the boy is chased by shadows of the winged insects. "

「悪意は突然現れる。まるで瞬きするかのように、羽ばたく羽虫のように気まぐれた。

若き砂漠の隠者は、ある日突然現れた羽虫を殺してしまう。その姿をじっと見つめるゾウ。その日から、少年は羽虫の影に追われていく。」

本作のタイトル「Blink in the Desert」とは、「砂漠で一瞬の瞬き (羽ばたき)」をすることを意味する。誰もいない孤独の荒野で芽生える小さな悪意の一瞬。まるで、それは砂漠の隠者のように、祈りを捧げる人の前に突如登場する誘惑の悪魔のようである。

 

砂漠と言う地は、神もそして人間も存在しない空間、水もなければ草木もない見捨てられた地、つまり生きながらに「死」を迎える場所とされてきた。本作は、そんな砂漠にポツリと立つ白い家、個人的な小さな教会に住む「祈る対象」を持った人の物語である。

 

「祈る対象を持つ人」は心の奥底にこの小さな教会を持っているのだろう。その教会の中で、人は小さな蝋燭灯し、自らの汚れを顧みて、清浄化されることを望み、しかし完全に清くなれない事実に苦しむ。蝋燭の前で揺れる主人公の瞳は、まるで静寂に包まれた教会の椅子に座り偶像を見つめる人のように、或いは薄暗いお寺の中で仏像の光で揺れる玉眼に見つめかえされるように。祈る対象を持った人は静かに何かを見つめ、見つめ返され、自分自身の心の奥底に己を問い直している。

Still_highquality_2.jpg
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_副島しのぶ_still02-1.jpg
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
Gra21_3218353_ShinobuSoejima_forCC (Reso
ShinobuSoejima_still01.jpg
Blinkinthedesert_poster_data_A2.jpg
IMG_5645.jp.jpg