鬼とやなり House Rattler (2019)

Stopmotion animation, 6min 27sec

Music by Marty Hicks/ Sound Design by Misaki Hasuo

TokyoUniversity of the arts

昔から、この国ではどこの家にも妖怪家鳴りが住んでいた。しかし、徐々に衰退していく木材建築の家々には、もはや耳の遠い老人たちしか住んでおらず、家鳴りの声も聞こえない。家鳴りは時々、それを寂しく思う。

This house rattling spirit has lived in this old house for generations. But the old woman who lives there as the final resident can no  longer hear the noises it makes, which leaves the house rattler filled with a sense of longing.

 

 本作の主人公は、日本の民間伝承に登場する「鳴家(やなり)」と呼ばれる数寸程度の妖怪で、昔から時々家の中で何やら不可思議な軋みなどの音が聞こえるのは、住民を驚かせようとする彼らの仕業であると信じられてきた。日本では、「家鳴り」しかり、古くから私たちの住む家には見えない影の部分があることを信じて恐れ、それらを「鬼」と呼び、日常から遠いものとした。今では、この文化は廃れつつあり、かつて「鬼」を感じていた住民たちは年老い、明るい現代社会の影として、鬼の側に立場が逆転して生きているかのようである。本作は、現代の社会から取り残されていく老人と民間伝承の生き物を、影と光の効果を使って描いた映像作品である。

 光と影の狭間を移動する民間伝承の生き物を、あたかも本当に存在しているかのように、実際に祖母の家で、人形を一コマ一コマづつ動かし撮影した。人形のサイズ感をそのまま「やなり」の大きさとして生かし、人間のスケール感で撮影することは、私たちの日常と異界が混在するこの家の雰囲気そのものを作り出す意図があった。