top of page

My Organs Lying on the Ground  私の横たわる内臓 2024 発表予定

Stop-motion animation.

Directed by Shinobu Soejima 

Music by Marty Hicks

​Sound Effect by Masumi Takino

監督 アニメーション 脚本 副島しのぶ

音楽 マーティ・ヒックス

​効果音 滝野ますみ

“My Organs Lying on the Ground” is an 11 minute stopmotion animation, based on a Japanese folk belief called Womb Diving (“Tainai Kuguri” ) or the “unknown hollow spiritual world”. In Japanese the word for womb, “tainai”, not only refers to the female organ of the uterus, but also refers to the animistic spiritual hollow space inside a Buddhist statue. This is a space of connection, between life and afterlife, death and life. There, the boundaries between organism and matter dissolve, and outer and inner worlds are continually inverted. The animation features certain organic materials such as rice, meat and insects. By portraying the idea of inside-out/outside-in cyclical systems, the work seeks to subvert binary structures such as subject and object, inside and outside, and visualises the muddled relationship between our bodies and the land itself. As technologies such as artificial intelligence and the information world continue to intervene in our lives, can we regain trust in our bodies?

本作は、日本の民間信仰である胎内潜りと、その霊性的な空洞世界を舞台にした立体アニメーションである。日本語の「胎内」は生物学的臓器を指すだけでなく、仏像内部の空洞をも意味しており、そこはあらゆる生命体の始まりの場所であり、死後の安楽地のような、神秘的でどこか暗い、無限の空白が存在している。そこでは生物と物質の境界線は溶解し、外界と内界は絶えず反転し続ける。 私は、アニメーションを「死から生」へと転換する動力」であるととし、米、肉、虫、人形(空洞の身体)をアニメートすることで、内と外、肉体内部と外部世界、死と生、との境界線を摩擦し、溶解させることを試みる。 あるいはそれは、主体と客体、内と外、といった二項対立的な構造を分解し、私たちの肉体と土地の混濁した関係性そのものを可視化する。人工知能や情報世界等のテクノロジーが生活に介入する中、私たちは身体への信頼を取り戻すことはできるだろうか。

V-コン.00_07_31_16.静止画013.jpg
V-コン.00_04_53_28.静止画010.jpg
bottom of page